何でも実践!

名駅相談室の五藤です。

 

今日から2日間、弊社に横浜から行政書士さんが研修にいらしています。

1日目から、お客様からの遺言作成のご相談、市役所で相続人調査、金融機関での遺言執行手続きと、盛り沢山の研修内容です。

 

私も入社してすぐの頃は、先輩の後ろに着き、たくさんの金融機関や役所を周りました。

当時は、行く先々で先輩が何をやっているのか、どんなことを話しているのか、頭の中で?が浮かぶことばかり。先輩にその都度、詳しく解説していただいて、疑問を解消する日々でした。

そうして、実際に一人でやってみるようになったのですが、ただ教えていただいていた時には浮かばなかった疑問が、どんどん出てくるのです。やってみた時の方が、多くの疑問が出てきたかもしれません。やってみたからこそ、あの時こうすれば良かったかな、こういう場合はどうなるのかなと、考えられるようになりました。

 

『失敗してもいいから何でもやってみなさい』、弊社の代表の口癖です。

やってみないと分からないことが、たくさんある。やってみることで、見えていなかった所や、足りない所、勘違いしていた所が見えてくる。

 

社長の教えの元、これからも立ち止まらず前向きに、頑張っていきたいと思います!

 

今日、研修にいらしている行政書士さんの、前向きに学ぼうとしている姿を見て、私も頑張らねばと、すごく良い刺激をもらえています♪

もうすぐ路線価の発表です。

こんばんは。

名古屋も梅雨入りから10日ほどが経ち、くせ毛の始末にほとほと困り果てている名駅相談室の伊藤です。

 

湿気とくせ毛と格闘する6月は、毎年私たち、相続関係者がそわそわする時期です。

 

そう、タイトルにも書かせていただいたように、『路線価』が発表されるからです。

 

路線価ってなんだ?という方も多いと思うので、ざっくりとした説明をしておきますね。

相続税・贈与税の土地などの評価をするためのものです。

私も相続のお仕事をするまでは、路線価なんてことばは全く知りませんでした。

(多分、普通ですよね…。)

 

国税庁から平成27年分の路線価等を7月1日(水)に同庁のホームページ及び全国の国税局・税務署で公開することが発表されました。

毎年変わらず7月1日発表なのですが、今年の1月1日に亡くなった方のご相続もこの平成27年分の路線価によって土地の評価をするのです。

 

なぜ『路線価』がそんなに気になるのかと言うと、相続税の改正によって基礎控除が引き下げられたことによって、相続税がかかるのか、かからないか微妙なお客様が弊社にたくさんいるからです。

特に今年は路線価が軒並み上がると予想されているため、気が付かないうちに無申告になってしまうお客様がいないようにしたいのです。

 

もうすでにお手伝いが完了したお客様も、現在進行中のお客様も、まだ見ぬお客様も知らなかったから申告をしなかったではすみません。

 

このブログを読んでくださった方は大丈夫でしょうか。

ご心配の方はご連絡くださいね。

手続きを楽にする魔法の言葉

岡崎相談室の吉元です。
名古屋は先日8日、梅雨入り発表されました。
子どもの頃は、カタツムリの目を指先でつついて遊んでいた記憶がありますが、今思うとぞっとします。
昔は触れたけど、今は触れないもの。
昔は食べられたけど、今は食べられないもの。
皆さんはありませんか?

 

さて、今日は相続のお手続きをちょっと楽にするかもしれない魔法の言葉を紹介します。

 

相続のお手続きをしていて大変なことのひとつに、たくさんの書類があること、が挙げられます。

弊社にご相談にみえる方の中には、「書類を見ているだけで頭が痛くなるわ!」と、おっしゃる方もしばしば。
金融機関や保険会社といったひとつの手続き先をとっても、契約の解約なのか、名義変更なのかで書類は異なりますし、例えば同じ預金の解約であっても金融機関によって、書類の記入方法は異なります。
お手続きによって必要な添付書類も変わってくるので、わたしたちも日々、たくさんの書類を管理しています。

 

その中で、ほとんどのお手続きに登場するスターティングメンバーといえば、やはり戸籍ではないでしょうか。
相続では、様々なお手続き先で窓口の方に「戸籍を持ってきてくださいね。」と、指示をされます。
実はこの戸籍、お手続きの際に
『他の手続にも必要なので、原本をかえしてもらえませんか?』
と、お願いするとほとんどの場合は返ってきます。
逆を言えば、お願いをしないと原本を取られてしまうのです。
弊社にご相談にみえる方の中には、「自分でやれるところまではやってみようと思って、戸籍を取ってきました。」と、言って、金融機関や保険会社ごとにそれぞれ1通ずつ、または今後必要になると思って、“必要以上に”たくさんの戸籍をお持ちになる方がいます。
ところが、私たちがお手伝いさせていただき、お手続きをしてみると、各お手続き先で戸籍の原本を返してもらえるので、1通あれば十分だった!こんなことがよくあります。
「戸籍なんて1通数百円だから、」と言っても、お手続き先の数だけ取得すると結構な金額になりますし、お忙しい方だと、都度お役所に戸籍を取得しにいくだけも大変です。
もちろん、お手続きの内容によっては原本を提出しないといけないものもありますし、必要な戸籍の範囲(誰のものなのか?古い戸籍は必要なのか?)が異なりますので、確認が必要です。

 

私たちは過去の経験の中から、各お手続き先で必要な書類は大体把握していますが、相続のお手続きには、このように知っているだけでちょっと楽になれる“コツ”があります。

 

そんな相続の“コツ”については、こちらでも紹介されています。
IMG_0628

『絶対に失敗しない 相続の手続き』

本書では「魔法の質問」として紹介されています。

手元にあるといざという時にも安心ですし、全国にある相続手続支援センターグループが相続の現場で実際に経験した4万件以上の相談の中から事例が書かれているので、読み物としてもお楽しみいただける一冊です。
実は、弊社の代表、中村修一も執筆陣として加わっています。

 

ご興味のある方、雨の日のお供にお手に取ってみてください。

手遅れになる前に…

岡崎相談室の加藤です。

はやいものでもう6月。
5月から季節外れの暑い日が続いていましたが、

今日は6月らしいすっきりしないお天気ですね。

久々に雨が降ったような気がします。

 

先日来社されたA様、遺産分割協議が整い、相続税の申告書・遺産分割協議書の押印をされ、

本日無事に税理士さんより税務署に提出していただきました。

 

成年後見人の選任、相続税の申告も必要で、遺産分割にも悩まれておりました。

家族仲はよかったのですが、どう分割するのがいいのかわからない。

納税資金はあるのか、と、とても悩まれておりました。

 

このお客様、お父様が亡くなられ、弊社にご相談にこられたのですが、その時にはすでに

亡くなられてから随分と月日がたっておりました。

相続税がかかるなんて思ってもいなかったようで、

相続税の申告期限までに時間がない…

司法書士の先生と協力して大急ぎで後見人の選任を行い、

税理士の先生と協力しながら急いで財産調査をしていき、

遺産分割のアドバイスもしつつ申告期限まであと数日、

おかげさまでなんとか相続税の申告期限までに間に合いました。

私たちもほっとしているところです。

 

相続は、知らなかったでは済まされない、取り返しのつかないことに

なってしまうことがたくさんあります。

なにかに手を付けて不利益を被ってしまう前に、

放置しておいて手遅れになる前に、早めに専門家に相談することが大切です。

 

A様の相続手続ももう少しで完了。

あと一息、私たちと一緒に頑張りましょう!

まずは戸籍集めから…

名駅相談室の五藤です。

 

相続の手続きは、まず戸籍を揃えるところから始まります。

亡くなった方については、出生から死亡までの戸籍を集めてきて、そこに書かれている内容をすべて読み解き、相続人は誰になるのかを見ていきます。

親しい家族が亡くなっての相続の場合だと、相続人は自分達だけで間違いないと自信を持っておられる方がほとんどですが、私達が今までたくさんの相続のお手伝いをさせていただいている中で、いざ戸籍を集めてみると、ご家族が知らないところで隠し子がいたということも稀に出てきます。他にも、自分は相続人だと思っていたのに、実際は相続人ではなかったということもありました。

もし、ここの部分の調査が不十分なままで遺産の分け方を決め、後から相続人がもう1人でてきたとなると、また振り出しに戻って、やり直しになってしまいます。相続人調査は、相続手続きの第一歩となるのです。

 

私たちは普段の業務の中で、たくさんの役所をめぐり、数多くの戸籍を見ています。

戸籍を見ていて面白いのが、市区町村によって戸籍のデザインが異なっていること。

先日も鳥取県の戸籍を見ていたとき、戸籍全体に波打ったような模様が入っており、戸籍自体の色もオレンジということもあり、木目なのかなと思っていたら、端にラクダの絵が書いてあるのを発見し、「なるほど、砂丘か!」と少し盛り上がっていました。

あとは、戸籍にゆるキャラが載っているのも、よく見ます。お陰様で、少しゆるキャラにも詳しくなった気がします。

 

戸籍ではないですが、最近だと住民票も凝ったデザインのものがでているようです。

少し調べてみたら、調布市役所では目玉おやじが、多摩市役所ではハローキティの絵柄が入ったものが発行されているようです。期間限定だったようですが、川崎市役所ではドラえもんのすかしが入ったものもあったとのこと。

他にも調べてみたら、いろいろありそうですね。

見ていて楽しいデザインだと、戸籍収集も楽しくなりそうです。

あ、長々と書いていますが肝心の相続人の確認もしっかりしているのでご安心くださいね!