寒い日はこれ!!

岡崎相談室の加藤です。

昨日今日はあいにくの雨ですね…。
すっかり冬の寒さになってきました。

岡崎相談室では、今年もついにこの方を登場させました。

10404395_1533003266957087_3455886387734370876_n

 

石油ストーブ!!!

 

とってもあったかい(*^_^*)

 

しかし、紙や服を近づけたり…

一歩間違えると大惨事になりかねません。

消し忘れなどに気を付け、火事にならないよう注意しなければいけませんね。

 

ところで、相続のお手続きで注意したいうちの一つが、火災保険について。

相続の際、名義変更のお手続きは漏れてしまいがちなんです。

たとえば、亡くなった方が被保険者の生命保険について、死亡保険金の請求はわかりやすいですね。

しかし、亡くなった方が契約者で、お孫さんやお子さんが被保険者の生命保険などは

死亡保険金請求はありませんが名義変更のお手続きが必要です。

契約者変更をしなければいけませんが、同じように火災保険についても

契約者が亡くなった方のお名前だと名義変更が必要です。

 

自宅の建物の名義は変えたけれど、火災保険の契約者は変えてない…

なんて方がいらっしゃいますが、場合によっては

建物の名義人と火災保険の契約者が違っていると、

万が一の時に保険金がおりないなんてこともあります。

 

相続のお手続きはとても細かく、たくさんありますが、

漏れなく手続きするために役立つのがこれ!!

 

10414915_1533043383619742_2116263216269818199_n

手続きのチェックリスト。

相続のお手続きは、なんと100種類以上もあるんです。

これだけたくさんのお手続きを漏れなくやるのはなかなか至難の業です。

手続きについてご不安な点やご不明な点がありましたら

お気軽にご相談ください。

 

夕方からは雨もあがるようですね♪

明日は、きれいな青空が広がり、ストーブいらずの暖かい日となりますように!

 

ご当地ナンバー『春日井』スタート!!

みなさん、こんにちは。名駅相談室の伊藤です。
めっきり寒くなりましたね。
平成26年11月17日(月曜日)から自動車の「春日井ナンバー」が導入されましたね。

新聞紙面でも話題になっていましたね。(下記の新聞は中日新聞です)

IMG_3352
ご当地ナンバーが増えると、相続の際にもナンバープレートの交換をしなければならないことが増えます。

 

たとえば、瀬戸市在住のお父さんが亡くなり、尾張小牧ナンバーの自動車を所有していた時に、春日井市在住の息子さんが相続することになりました。

 

こんな時、今までであれば尾張小牧ナンバーの管轄の瀬戸市と春日井市に在住の方同士の名義変更であれば、ナンバープレートの変更は必要なかったのですが、これからは春日井市同士か、尾張小牧ナンバーの管轄の瀬戸市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、清須市、北名古屋市、西春日井郡(豊山町)、丹羽郡(大口町、扶桑町))の市町村同士の方同士の名義変更でなければナンバープレートの変更が必要になります。ナンバープレートの交換は基本的に陸運局に車を持ち込まなくてはならないなど、手続きが煩雑になります。

 

相続の他にもこんな時にナンバープレートの変更が必要になりますので、皆さんご注意くださいね。

1 新車や中古車を購入し、春日井市で新規に自動車の登録をする場合
2 引越しなどにより、春日井市外から春日井市に自動車の所在地を変更する場合
3 春日井市外在住の人から春日井市在住の人が車を譲り受けた場合
4 「春日井ナンバー」への変更を希望する場合 など

 

 

いい遺言の日!

名駅相談室の寺添です。

 

昨日は11日15日、いい遺言の日ということで、

ウィンクあいちにて遺言セミナー「公正証書遺言のススメ」を開催いたしました。

 

定員を超えるお申込みがあり、会場が手狭に感じるほど多くの方にお越しいただきました。

IMG_0888

(みなさん積極的に参加して下さっています。)

 

セミナー終了後のアンケートを拝見しましたが、

やはり多くの方が遺言書の必要性を感じているようです。

 

アンケートでは、

「実務の具体例を聞く事ができ、とても勉強になった。」

「難しい話でも、事例を加えて話しているのでわかりやすくよかった。」

「書くなら公正証書遺言にしようと思う。」

などの嬉しいご意見をいただきました。

 

財産が多い少ないに関わらず、相続には手続の煩雑さやトラブルがつきものです。相続に長けた専門家が作る公正証書遺言は、そんな相続の手続きの煩雑さやトラブルを軽減することができます。

 

このセミナーをきっかけに、多くの方に「いい遺言」を作っていただければ幸いです。

外回りの強い味方

岡崎相談室の吉元です。

今日の岡崎は、午前中どんよりとしたお天気でしたが、お昼から回復し、日差しがぽかぽかと暖かな一日となりました。お日様が出ていると、すごく暖かく感じます。

 

こんな日は、外回り日和です。

私たちは、金融機関をはじめとして、保険会社やお役所等、様々な手続先へ伺います。

 

こんな時に大活躍してくれるのが・・・

__

自転車です!!!

 

もちろん車での外回りもしますが、市街の金融機関は、駐車場がなかったり、あっても混んでいたり・・・と、上手くいかないことも。

自転車だと待ち時間がなく、駐車場を探してぐるぐるする必要もないのですごく便利なんです。

 

パステルブルーの素敵な自転車は、岡崎相談室オープン祝いに名駅相談室長にプレゼントしてもらったものです。

岡崎相談室は、自転車で行ける距離に各種手続先が揃っているので、スタッフみんなで大切に乗っています。

 

些細なことですが、スムーズな相続手続を行うこと、そしてお客様の安心を創造するために、日々の小さな工夫を大切にしています。

 

さて、今週末はいよいよ終活セミナー最終回、遺言セミナーです!

 

◆遺言セミナー◆

公正証書遺言ノススメ

~実務家だから話せる!意外と多い自筆遺言書の落とし穴~

11月15日(土)14:00~ ウィンクあいち 1208

 

おかげさまをもちまして、すでにたくさんのご予約を頂戴しております。

皆様のご参加を、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

社内勉強会!

名駅相談室の五藤です。

本日は社内勉強会をおこないました。

内容は、団体信用保険、債権債務、所得税や相続税といった税金についてと盛りだくさん。

普段の業務の中で覚えたと思っていたことでも、勉強会という形で改めて学ぶと、知識が曖昧になっていたりする部分があることに気づかされました。こういう機会をしっかり活かしていこうと思います

IMG_3332

IMG_3328

税金については、提携先の凄腕税理士がわかりやすく教えてくださいました。

 最近のご相談の中でも、来年の1月から相続税の基礎控除が40%引き下げになることから、相続税を気にされている方が増えています。

 一般の方にとって、相続は一生の中で何度も経験する事ではないので、まず何をやったらいいのか分からないと戸惑う方が多くいらっしゃいます。

そのような中で、税金のこともとなると、申告の期限も気にしなくてはいけなくなり、時間も限られてきます。また、税金以外でも期限のある手続きが多くあり、計画的に進めていかないと、期限ギリギリになってしまう、もしくは間に合わないというケースも出てきてしまいます。

大切な方を亡くされた悲しみの中、判断を迫られたり、煩雑な手続きが待っていることは大変な負担になることと思います。

一人でも多くのお客様に安心を提供できる相談員になれるよう、今後も探究心を持ち続け、日々勉強を大切にするよう心掛けていきたいと思います!